Top > BITWIG STUDIO 1.3.10アップデート情報

BITWIG STUDIO 1.3.10アップデート情報

様々な修正が行なわれています。(2016.6.16)

新機能

  • Hercules P32 DJ controllerをサポート

主な修正点

  • クリップランチャーのクリップをキーアサインした任意のキーからリプレイスした時にクラッシュする場合がある症状を修正
  • ポップアップブラウザで特定の操作を行なった際にクラッシュする場合がある症状を修正
  • グループトラックからセンドした場合に、リターントラックをソロにするとサウンドが出力されない症状を修正
  • 2つの異なるプリセットを同じ名称でセーブすることができない問題を修正
  • Drum machineのAuto/Pre/Postセッティングがセーブ/ロード後にリセットされてしまう症状を修正
  • グループ内のサブトラックからセンドしているトラックが、別のトラックをソロにした場合にミュートされない症状を修正
  • グループトラックのシーンやクリップが選択されていた状態でセーブされたプロジェクトを開く際にクラッシュする症状を修正
  • OSX El Capitanでフルスクリーン表示時にペイントツールの動作に生じる問題を修正(13″ Retina Macbook Pro)
  • ポップアップブラウザからVSTプラグインをロードする際に生じる場合がある問題を修正
  • アレンジャータイムラインでオーディオイベントをデュプリケートした際の結果に生じる問題を修正
  • マルチモニター環境でのウィンドウポジションがBitwigStudioの再起同時後にリストアされない症状を修正
  • 古いプロジェクトファイルを開こうとした場合、プラグインの状態を正しく再現できない症状を修正
  • u-he製プラグインのオートメーション時に生じる問題を修正
  • RAWモードでオリジナルテンポ再生されているトラックのフェーズキャンセルに生じる問題を修正
  • トラックとオートメーションをドラッグでコピー後、ソーストラックのトラックとオートメーションを削除した場合、稀にクラッシュする症状を修正
  • プレイボタンにカーソルを合わせた際のオーバービューに生じていた問題を修正
  • クリップランチャーで生じる場合があるダブルキックバグを修正
  • 異なるスケーリングのウィンドウ間を移動した場合に生じる問題を修正
  • マルチモニター環境でのポップアップウィンドウとコンテクストメニューの表示に生じる問題を修正
  • 時々DSPパフォーマンスグラフが一度リサイズされるまで動作を開始しない症状を修正
  • sandboxホストで正常に動作できないRoland製プラグインのために回避策を追加
    様々なシチュエーションでGUIレスポンスが低下する症状を修正(OSX El Capitan)

主な改善点

  • Seaboard RISEとEQUATORとの親和性を改善
  • ポップアップブラウザでの検索結果を全てのタブからカウントするよう変更
  • とても大きなライブラリ(100万ほどのサンプルを含むような)をポップアップブラウザで表示する際のパフォーマンスを改善