Top > 【Serato Studio】ビートの作り方 <Hip Hop>

【Serato Studio】ビートの作り方 <Hip Hop>

Serato Studioを使ったビートの作り方を紹介します。

How to make a hip hop beat

ヒップホップビートの作り方

ヒップホップビートを作るための、6つの簡単なステップを紹介します。

※ Serato Studioのダウンロードはこちら

1. 適切なテンポを選択する

ヒップホップのビートはBPM75~100前後です。 オールドスクールなビート(Jurassic 5, Wu-Tang等)は、遅めのBPMに設定し、最近のヒップホップ・ビート(Travis Scott、Young Thug等)では、テンポを早めにすることをお勧めします。

2. まずはドラムから

ドラムはビートの基本です。大きめキックドラム、キレのよいクラップ、スネアそしてハイハットを使います。ビート作りに行き詰まった場合は、ビートシーケンサーの上にある[Make]のプルダウンメニューから、“HipHop”パターンを選択して、クリックしてみてください。

3. コード(和音)の追加

コードを追加しましょう(明るくハッピーな曲にはメジャーキー、暗い雰囲気の曲にはマイナーキーを使用します)。 Serato Studioの[Play in Key]オプションを使用すると、キーに当てはまらないノート(音階)を自動で削除することができます。

4. メロディ(トップライン)の追加

コード上のノートとテンション・ノートでメロディを構成すると、ジャジーな雰囲気になります。

同じキーで、プラック・サウンドやストリングス・サウンドを試してみてください。 こうすると、サビ前のBメロ部分にテンションが追加されます。 Serato Studio内の”The string” や “Xylophone”のサンプルはメロディに最適です。

5. ベースラインの追加

楽曲に深みを持たせるにはベースが重要です。 Roland TR-808のサウンドは、多くのヒップホップ・ビートで使用されています。
808のサンプルのキーを合わせ、キックドラムにタイミングに合わせて挿入しましょう。 こうすると、ベースとドラム両方の音抜けが良くなります。

6. 曲をアレンジする

すべての異なるセクションを配置して、曲を組み上げます。典型的なヒップホップ・ビートの進行は次のとおりです。

  • イントロ – Aメロ – サビ – Aメロ – サビ – Aメロ – アウトロ

もちろんこの限りではないので、自由に作成してみてください。

対象製品

アンケート

役立つサポート情報を、他のユーザーが見つけられるようご協力ください。

このFAQは参考になりましたか?

Loading ... Loading ...

製品の使い方、活用方法、インストール/アクティベーションなど技術的サポートに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームより受け付けしております。また、下記項目をご参照いただくことで解決する可能性がございますので、ぜひお試しください。

お問い合わせいただく前に

  • check_box マニュアル(製本 / PDF)やガイドブックをよくお読みください
  • check_box ページ右上の検索窓に製品名やキーワードを入力し、該当のサポート情報を検索してください
  • check_box ブランド別サポート情報やよくある問い合わせランキングから目的の情報を検索してください