Top > SL Mixfaceを使用するためのDAWの設定

SL Mixfaceを使用するためのDAWの設定

SL Mixfaceを、DAW(Digital Audio Workstation – デジタル・オーディオ・ワークステーション)のコントロール・サーフェイスとして使用するために、DAW側で必要な設定を解説いたします。

MixfaceのDEVICE端子とコンピューターをUSBケーブルで接続した際、コンピューター側で見えるMixfaceのポートは、以下の通りです。

・SLMIX USB(Port 1):MIDI信号を送受信するために使用します。
・SLMIX USB(Port 2):ファームウェアのアップデートに使用します。
・SLMIX USB(Port 3):DAWのコントロールするための信号の送受信使用します。

また、MixfaceをBluetoothでコンピューターやiOSデバイスと接続した際に、現れるポートは、

・SLMIX BT

となります。

はじめに、お使いのDAWと接続できるようMixfaceの設定を行います。

  1. DAW | CTRLボタンを長押しし、Global Settingsにアクセスします。
  2. DAW Port and typeにアクセスし、Portで接続するポートを選択します(USB Port 3、またはBluetooth)。
  3. Typeで、使用するDAWを選択します。

※ 選択するDAWよって、使用可能なPortが限定される場合があります。

お使いのDAWを選択してください。

Ableton Live

 

Ableton Liveを起動し、[ About Live ] > [ Preferences… ]を選択します。

ダイアログボックスで、[ Link MIDI ]タブを開き、以下のようにパラメーターを設定します。

コントロールサーフェス
MackieControl
Input Port
SLMIX USB(Port 3)
Output Port
SLMIX USB(Port 3)

Apple Logic Pro X

 

Apple Logic Pro Xには、こちらから追加コンポーネントをダウンロードして、インストールを行ってください。

追加コンポーネントのインストールが終わったら、Logic Pro Xを起動し、[ Logic Pro X ] > [ Control Surfaces ] > [ Setup… ]を選択します。

ダイアログボックスで[ New ] > [ Scan All Models ]を選択し、スキャンが終了後、Mixfaceは自動的に選択されます。

その後、入力ポートと出力ポートに、SLMIX USB(Port 3)を設定します。

Apple GarageBand

Apple GarageBandには、こちらから追加コンポーネントをダウンロードして、インストールを行ってください。

追加コンポーネントのインストールが終わったら、特にその他の設定は必要ありません。GarageBandを起動してお使いください。

Avid Pro Tools

 

Pro Toolsを起動し、[ Setup ] > [ Peripherals… ]を選択します。

ダイアログボックスで、[ MIDI Contorllers ]タブを開き、以下のようにパラメーターを設定します。

Type
HUI
Receive from
SLMIX USB(Port 3)
Send to
SLMIX USB(Port 3)

MOTU Digital Performer

 

Digital Performerを起動し、[ Setup ] > [ Control Surface Setup ]を選択します。

ダイアログボックスで、以下のようにパラメーターを設定します。

Driver
Mackie Control
Unit
Mackie Control
Input Port
SLMIX USB(Port 3)
Output Port
SLMIX USB(Port 3)

Presonus Studio One

 

Studio Oneを起動し、[ Studio One ] > [ Preferences… ]を選択します。

ダイアログボックスで、[ Link MIDI ]タブを選択し、[ Add… ]を押します。

左側のリストで、Mackie Controlを選択し、以下のようにパラメーターを設定します。

Device Name
任意に(例:SL Mixface)
Receive from
SLMIX USB(Port 3)
Send to
SLMIX USB(Port 3)

Propellerhead Reason

 

Reasonには、こちらから追加コンポーネントをダウンロードして、インストールを行ってください。

追加コンポーネントのインストールが終わったら、Reasonを起動し、[ Reason ] > [ Preferences… ] > を選択します。

ダイアログボックスで[ Control Surface ]タブを選択し、[ Audo-detect Surfaces ]を押します。スキャンが終了後、Mixfaceは自動的に選択されます。

[ Preferences ]を閉じて[ Mixer ]セクションを開きます。

マスタートラックを右クリックして、 [ Lock Studiologic Mixface to this Device ]を有効にします。

Steinberg Cubase / Nuendo

 

設定を始める前に、SteinbergのWebサイトからダウンロード可能Steinberg SKI Remoteソフトウェアをインストールします。

SKI Remoteがインストールされたら、CubaseまたはNuendoを起動し、[ Studio ] > [ Studio Setup ]を選択します。

ダイアログボックスの左側の列で[ Mackie Control ]を選択し、SLMIX USB(Port 3)をMIDI入出力として設定します。

Bluetooth接続の場合は、「SLMIX USB(Port 3)」の代わりに、「SLMIX BT」ポートを選択してください。

対象製品

SL Mixface

多彩な機能を搭載したワイヤレスMIDIコントロール・サーフェイス

関連サポート

アンケート

役立つサポート情報を、他のユーザーが見つけられるようご協力ください。

このFAQは参考になりましたか?

Loading ... Loading ...

製品の使い方、活用方法、インストール/アクティベーションなど技術的サポートに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームより受け付けしております。また、下記項目をご参照いただくことで解決する可能性がございますので、ぜひお試しください。

お問い合わせいただく前に

  • check_box マニュアル(製本 / PDF)やガイドブックをよくお読みください
  • check_box ページ右上の検索窓に製品名やキーワードを入力し、該当のサポート情報を検索してください
  • check_box ブランド別サポート情報やよくある問い合わせランキングから目的の情報を検索してください