Top > RP-8000のマッピング・ファイルのロード方法について

RP-8000のマッピング・ファイルのロード方法について

Q:

Reloop RP-8000で、Scratch Live や Traktor Scratch Proをコントロールしたいです。設定などは必要ですか?


A:

ソフトウェアに対応したRP-8000マッピング・ファイルをロードする必要があります。まずは、以下URLよりご使用のソフトウェアのマッピング・ファイルをダウンロードしてください。

マッピング・ファイルのロード方法はソフトウェアによって異なります。以下をご確認ください。

Serato DJの場合

Ver1.6.2以降でマッピングファイルは不要になりました。
下記より最新版のSerato DJをダウンロードいただき、ご利用ください。

Scratch Liveの場合

1. ダウンロードしたマッピング・ファイル(Reloop_RP8000_V6.xml)を以下の場所に保存します。

img_d-faq251_07

Mac

  • ユーザ / ユーザ名 / ミュージック / _Serato_ / MIDI

Windows

  • Users / UserName / マイミュージック / _Serato_ / MIDI

2. Scratch Liveを起動し、SETUP / MIDI / MIDI PRESETSにReloop_RP8000_V6と表示されていることを確認します。

img_d-faq251_01

3. Reloop_RP8000_V6を選択し、Loadボタンをクリックします。

img_d-faq251_02

4. RP8000のロータリー・エンコーダー・ノブ、各パッドで、Scratch Liveをコントロールできることを確認します。

Traktor Scratch Pro 2の場合

1. RP-8000をコンピュータに接続した状態で、Traktor Scratch Pro 2を起動します。

2. Preferences / Controller Managerを開きます。

img_d-faq251_03

3. Device Setup / Device / Add / Importをクリックし、ダウンロードしたマッピング・ファイルRP-8000_Traktor_PRO_V1.tsiを指定します。

img_d-faq251_08 img_d-faq251_04

4. Deviceをクリックし、RP-8000 – DeckA – Generic MIDI (All Ports, All Ports) を選択します。

img_d-faq251_05

5. In-Port、Out-PortをRP8000 (RP8000) に指定します。

img_d-faq251_06

6. 同様に、DeviceにてRP-8000 – DeckB – Generic MIDI (All Ports, All Ports) を選択し、In-Port、Out-PortをRP8000 (RP8000) に指定します。

7. RP-8000のロータリー・エンコーダー・ノブ、各パッドで、Traktor Scratch Pro 2をコントロールできることを確認します。

対象製品

RP-8000

Vinyl x MIDI ハイブリッド・ターンテーブル

アンケート

役立つサポート情報を、他のユーザーが見つけられるようご協力ください。

このFAQは参考になりましたか?

Loading ... Loading ...

製品の使い方、活用方法、インストール/アクティベーションなど技術的サポートに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームより受け付けしております。また、下記項目をご参照いただくことで解決する可能性がございますので、ぜひお試しください。

お問い合わせいただく前に

  • check_box マニュアル(製本 / PDF)やガイドブックをよくお読みください
  • check_box ページ右上の検索窓に製品名やキーワードを入力し、該当のサポート情報を検索してください
  • check_box ブランド別サポート情報やよくある問い合わせランキングから目的の情報を検索してください