Top > リリース > 【取扱開始】PITCH ‘N TIME

【取扱開始】PITCH ‘N TIME

この度、Serato 社のDAW用タイムストレッチ/ピッチシフト プラグイン PITCH ‘N TIMEの取扱を開始する運びとなりました。

本製品は Pro Tools向けの PROと Logic 向けの LEの2ラインナップになります。

(製品概要)

各製品の詳しい仕様については、下製品画像をクリックしてください。

Pitch ‘n Time Pro 3.0

Pitch ‘n Time LE 3.0


PRO と LEの違い

1.オーディオの編集方法

Pitch’n Time Proでは、選択されたオーディオを波形として読み込み、その波形の中でピッチやテンポの変更が可能。

Pitch’n Time LEでは、選択されたオーディオ全てに対し一括処理となります。

劇伴などでの実用例として、作成した楽曲が実際の映像の尺より数秒長いのでテンポを速めて尺内に納めるといった用途にはPitch’n Time LEで対応が可能です。

2.テンポ / ピッチシフト処理

Pitch’n Time Pro:最大8倍のテンポ変更、上下36半音(±3オクターブ)のピッチシフト

Pitch’n Time LE:最大2倍のテンポ変更、上下12半音(±1オクターブ)のピッチシフト

3.マルチトラック処理について

Pitch’n Time Pro:複数トラック選択時はマルチトラックにて一括処理。

Pitch’n Time LE:複数トラック選択時、各トラックごとに処理。