Top > リリース > Sledge Ver2.0 アップデート情報2〜機能のご紹介〜

Sledge Ver2.0 アップデート情報2〜機能のご紹介〜

img_sledge_update2_690.jpg

(2015/10/06)


Sledgeユーザーの皆様、Ver2.0にはアップデートされたでしょうか?

Ver2.0についてはこちらをご覧ください。

今回はそんなSledgeのまめ知識をご紹介いたします。

POT MODEについて

SledgeのGLOBALメニューの3ページ目にこんな表示があります。

IMG_d-fun150_1.JPG

POT MODEはノブを動かしたときの値のスタート値を設定出来る項目です。
SNAPとDIRECTと2種類から選べます。

  • SNAP・・・音色毎に設定されている値から変更できる。
  • DIRECT・・・パネルのノブの位置から値が変更できる。

SNAPを使う場合、使いたいノブを一旦音色毎に設定されている値まで動かしてからコントロールする事になります。

設定されている値まで動かさすにノブを動かすと音色変化をさせる事が出来ません。

音色毎の設定からの変化になるので音色変化に無理が無く自然な音色変化をさせる事ができます。

DIRECTの場合だとノブを動かすとすぐに音色のパラメーターを変更出来るので、すぐに音色変化をさせたい場合には有効です。

ただし、音色によっては音色変化が急激に起こるので注意が必要です(急に音が大きくなったり等)

下記状況でのノブの写真です。

・選択中のプリセットの内部値が1.5K

・現在のノブの位置が18K

IMG_d-fun150_2.JPG

この状態でゆっくりノブを左に回してみましょう。DIRECTの場合は、それまで1.5KだったCutoff値が回し始めるといきなり18Kになり、その後はノブの動きに追従します。(赤のライン)

SNAPの場合は、ノブが18Kから1.5Kのところに来るまでは何も変化は無く、1.5Kを超えたところから、操作できるようになります。(青のライン)

用途に応じて設定出来るのも「プロの機材」っぽくていいですね〜

自分好みの設定を探してみてくださいね。

展示店リスト

 

投稿者:Sales T(投稿記事一覧をみる

 

  Sales T  

営業担当
デジタル小物と車が好きな30代。
楽器が弾けないが、楽器が好きでこの業界に入って10数年。
弊社製品を使った新たな音の楽しみ方を提案いたします。

関連する記事をもっと読む