Top > リリース > 【製品紹介】モバイル端末とDJミキサー?

【製品紹介】モバイル端末とDJミキサー?

img_dfun126_top.jpg

 

こんにちわ、たらまです。
先日、Reloop製のDJミキサーとして初上陸となるRMX-22i と RMX-33iを発表しましたが、他のミキサーには無いコイツだけの機能を紹介します。

 

皆さんは、iOSでバイスやAndroidデバイスの「djay」というソフトはご存知でしょうか?

djayバナー

iOS版はベストセラーとも言えるぐらいのダウンロード数を誇る人気DJアプリなのですが、全ての操作を端末とアプリだけで行える反面、DJミックス時の臨場感に欠けるものがありました。

やはりDJミックスはツマミを握って、リニアにやりたいですよね。
DJコントローラを使うという手もありますが、今回はDJミキサーRMX-22iを使ってやる方法を教えます。

 

RMX-22i と RMX-33iには専用のスプリットケーブルとそれを接続する端子が搭載されていまして、今回はそれを使います。

1.スプリットケーブルの黒い方を 端末のヘッドフォン出力に接続

iphone接続

2.スプリットケーブルのもう一方をそれぞれ、赤をR、白をLに接続します。

img_dfun126_02.jpg

はい、ここで勘のいい方はお気づきになりますが、従来のY字ケーブル等を用いての接続では端末からの音声出力は「1つのチャンネル」のみに集約されるので、所謂ミックスが出来ずにEQやエフェクトを掛けるのみで、ミックス作業は「アプリ側」だけでやっていたのですね。
iPadなどの多少画面の大きいモノでしたら、それでもいいかと思いますが、いかんせんツマミを触る感覚がないのでEQをいっきにゼロにするなんて動作が難しかったのです。

3.操作に戻ります。接続が完了したら、アプリを起動します。下記の画面が表示されるので「OK」をタップ。

スプリットOK

そして、設定画面で音声が上がっていることも確認しておきましょう。

img_dfun126_04.jpg

こちらが絞ってある状態だと、音が出ませんので絶対にチェック。あと、端末側の消音ボタンも解除しておいてくださいね。

はい、以上で設定は完了。あとはDJアプリを再生して、左右のチャンネル(ch1とch2)に振り分けてあるので、レコードやCDでやっていたようなDJミックスが可能になります!

img_dfun126_05.jpg

 

それでは、今週はここまで! 
だと寂しいので、RMX-22i / 33iに搭載の四つのエフェクターを動画で紹介します。

 


 

3万円台のDJミキサーにデジタルエフェクターが付いてくるのはRMXくらいじゃないでしょうか?
それでは、今回はこの辺で!

 
 

▼ Reloop RMX-22i / RMX-33iの詳細はこちら

 


RMX-22i RMX-33i

 

投稿者:たらま(記事一覧をみる

たらま

マーケティング担当。
音楽の"タノシイ"と"オモシロイ"ものを求めて、日々奮闘中。
仕事とプライベートの境が家族でもわからないと言われて、早10数年。

 

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ