Top > リリース > 【アップデート】πλ²(ピーエルスクエアド)にドラム・サウンドが追加!

【アップデート】πλ²(ピーエルスクエアド)にドラム・サウンドが追加!

ファームウェア2.0公開

(2014/3/20)

PI L SQUARED(以下πλ²)のファームウェア2.0が公開されました。

今回のアップデートの目玉は、何といってもドラム・サウンドが追加されたことでしょう!
πλ²の開発者Markus Medau氏いわく、πλ²からドラム・サウンドを生成することは本当に大変なんだとか。そのため、πλ²からドラム・サウンドを生成できたときは、彼らは本当に興奮したそうです。

まさに、Ploytec社の技術がつまったπλ²のドラム・サウンド。
さっそく体感していただきましょう!

ファームウェア・アップデート方法

πλ²のファームウェア・アップデートに伴い、Ploytec πλ² Editorのアップグレードも行われています。

最新版πλ² Editorは、以下製品ページからダウンロード可能です。

πλ²のファームウェア・アップデートは、πλ² Editorから行います。

※ 2014年3月20日現在の時点で、πλ²のファームウェア・アップデートはWindows版 Ploytec πλ² Editorから行います。
Macintosh版 Ploytec πλ² Editorでも、πλ²のファームウェア・アップデートに対応しましたら、弊社ウェブページにてお知らせいたします。

ファームウェア・アップデート方法

πλ² Editorのダウンロードが完了したら、πλ²とコンピュータに接続した状態で、πλ² Editorを起動します。

 πλ² Editorを起動

すると、今までのπλ² Editorには無かったSettingsというタブが表示されています。

img_d-fun58_02.jpg

ファームウェア・アップデートは、このSettingsタブから行います。
MIDI OutPloytec MIDI Cableに設定し、Firmware UpdateがVers.2.0であることを確認します。

Settingsタブ

この状態で、Update Firmwareをクリックすると、πλ²のファームウェア・アップデートが始まります。

アップデートが終了したら、πλ²タブをクリックします。

πλ²タブ

これで、ドラム・サウンドを鳴らす下準備は整いました。

πλ²からドラム・サウンドを鳴らすには?

πλ²のプリセットは、プログラム・チェンジ信号で管理されています。そのため、πλ² Editorでプログラム・チェンジを行うと、πλ²のプリセットも変更されます。

しかし、初期設定のプリセットを全て確認してもドラム・サウンドが入っていません!

πλ² Editor1.1(2014年3月20日時点)には、Controller #3 Modeという項目が追加されています。
デフォルトではNormalになっていますが、これをSecond Modeに変更しましょう。すると、プログラム・チェンジ信号が送られていないのに、音色が切り替わります。

Second Modeに変更

Second Modeに設定すると、選択できるWaveform(波形)が異なります。

▼ Waveform 1

img_d-fun58_07.jpg

▼ bassdrum mode

bassdrum mode

ここで、明らかにバス・ドラムの音が鳴りそうなbassdrum modeを選択し、πλ²を鳴らしてみると

 

念願のバス・ドラムが発音されました!

またおもしろいのが、F3#以上はスネア・ドラムが発音します。

スネア・ドラム

これらを組み合わせると、

バス・ドラムとスネア・ドラムのリズム・パターンも作成できます。

それでは最後にπλ²だけを使って、ファミコンを彷彿とさせるサウンドを作ってみました!

ファミコンを一度でもプレイしたことがある方は、感慨深い音色ではないでしょうか?現代のハイクオリティーゲーム機では味わうことができない、レトロ・サウンドですね!

ファームウェアのアップデートが行われ、ますます表現の幅が広がったπλ²。
強烈なドラム・サウンドをお探しであれば、ぜひπλ²をお試しください!