Top > リリース > 【スタッフコラム】発売前新製品レポート:Reloop BEATPAD

【スタッフコラム】発売前新製品レポート:Reloop BEATPAD

Beatpadヘッダー

(2013/10/25)

先月開催されたBPMショウでReloopが多数の製品を発表しましたが、発表になった製品のサンプル機が続々と入荷して参りましたので、日本ではどこよりも早く紹介したいと思います!

BEATPAD日本上陸!

BEATPAD

今回はBEATPAD。Reloop DJコントローラ待望の“iOSデバイス”対応機種です。

BEATPAD

筐体本体に “algoriddim”、”djay”と記載されているのでdjayアプリをインストールしてあるiOSデバイスでは、専用ケーブルで接続してスイッチオンするだけで、すぐに使えます。

筐体はTerminal Mix2を流用しており、やや大きいと感じるかもしれません。

Beatpadhikaku

しかしながら、フルサイズDJミキサーと同様のノブ感覚、最近のデジタルDJでは必須のパッドはCueポイントやサンプルの再生に便利ですね。

パッド部分

他メーカーからもiOSデバイス対応のDJコントローラはいくつかありますが、

  • “サイズがやや小振り”
  • “ゲイン”はナシ”
  • “ピッチフェーダー短すぎ”

とネガティブ要素が多いですが、BEATPADはTerminal Mix2の筐体をベースにしているので、上記の点はクリアになっています。つまり、従来のDJミキサーやDJコントローラと変わらない操作性と耐久性があるので、「iOSでお手軽に」とうよりは 「iOSアプリをもっとプロフェッショナルに!」という点につきます。

iOSデバイスとの接続は専用のケーブルを利用しますが、それがこちら。

cable

30pinタイプとLightningタイプ両方付いているので、旧機種でも現行機種でも扱えますね。
USBコネクタも搭載しているので、もちろんコンピュータとも接続が可能です。

そして、イルミネーションもキレイです!暗いところでも結構映えます!

padlight

最後にBEATPADのパッドを使ってちょっとだけプレイしてみた。

以上、今回はここまで!

次回は皆様お楽しみのMIDIコントロール付きターンテーブルRP-8000を紹介したいと思います。

投稿者:たらま

たらま

マーケティング担当。
音楽の”タノシイ”と”オモシロイ”ものを求めて、日々奮闘中。
仕事とプライベートの境が家族でもわからないと言われて、早10数年。

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ