Top > リリース > Serato DJ マルチFXモード

Serato DJ マルチFXモード

Serato DJ 1.2 アップデート!イメージバナー

Serato DJ 1.2 アップデートが公開されました。

今回のアップデートでは、Serato DJ対応コントローラの追加、いくつかのバグの修正が行われており、ソフトウェアとしての安定度がさらに増しています。
また、アップデート内容の目玉として、マルチFXモードの追加、14日間のSerato DJ 無料トライアルがあります。
Serato DJの強みでもあるエフェクトの更なる強化、Serato DJの素晴らしさを体験できる無料トライアルといった、ソフトウェアとしてのレベルを1つ上に押し上げるアップデート内容となっています。

1つ1つ丁寧にアップデート内容を解説していきますので、最後までじっくりとご覧ください。

なお、アップデート内容の詳細は、こちらをご覧ください。

マルチFXモード

Serato DJは、iZotope社のエフェクトを搭載しており、他のDJソフトウェアでは得られない高いクオリティーのエフェクト音は、Serato DJの特長の1つです。
Serato DJ 1.1.2までのエフェクトは、以下の画像のように1つのFX UNITに対し、1つのエフェクトを選択する形です。これを、シングルFXモードといいます。

シングルFXモード

▶ シングルFXモード

このシングルFXモードは、1つの楽曲に対して1つのエフェクトを適用でき、素直なエフェクト効果を得られることが特長です。また、Delayを例にしてみると、エフェクトのかかり具合、フェードバックの長さ、高音域のカット具合といった、細かな調整も可能でした。

しかし、「DelayとReverbを組み合わせて、音の広がり具合を複雑化し、さらにPhaserで音にウネリを加えたい」といった操作はシングルFXモードでは不可能でしたが、マルチFXモードの追加で、これらの操作が簡単に可能になります!

Serato DJ 1.2のFXパネルでは、シングルFXモード、マルチFXモードの切り替えボタンが搭載されました。このマルチFXボタンを選択すると

マルチ FX モード

▶ マルチ FX モード

マルチ FX モードが表示されました!
マルチ FX モードとは、1つのFX UNITに対して、操作を簡素化したエフェクトを3つ搭載しているモードです。そのため、シングル FX モードでは不可能だった、エフェクトの組み合わせによる、複雑な音色を作り出すことができます。
では、上の画像を参照しながら、マルチ FX モードを選択したFXパネルを解説します。

  • ①:シングル FX モードを選択
  • ②:マルチ FX モードを選択
  • ③:エフェクトを選択
  • ④:エフェクトのON / OFF
  • ⑤:エフェクトの効果量
  • ⑥:エフェクト時間の調整
  • ⑦:エフェクトのアサイン先の設定

この中で、いくつか補足説明を行います。

⑦ チャンネル・アサイン

Serato DJのFXユニットは、左右に分かれているため、FXユニット 1がデッキ1/デッキ 3、FX ユニットがデッキ2/デッキ 4へのアサインが固定かと思いがちですが、FXユニットのアサイン先は自由に変更可能です。
このチャンネル・アサインをもう一度ご覧ください。

Serato DJチャンネル・アサイン

▶ チャンネル・アサイン

この1、2、3、4が、それぞれのバーチャル・デッキへのチャンネル・アサインです。そのためFXユニット 1で、1を選択していると、FXユニット 1のエフェクト効果は、デッキ1に適用されます。また、FXユニット 2で、1、3を選択すると、FXユニット 2のエフェクト効果は、デッキ1、デッキ3に適用されます。

一番下に、Mと表示されていますが、これはマスターチャンネルのMです。つまり、FX ユニットでMを選択すると、マスターアウトプットから出力されるオーディオに、エフェクト効果が適用されます。

バーチャル・デッキへのチャンネル・アサイン

これらを用いれば上の画像のように、FX ユニット 1にPhaser、FX ユニット 2にReverbをセットし、デッキ 1にシーケンス・フレーズ、デッキ 2にドラム・ループ、デッキ 3にボーカル・フレーズ、デッキ 4にベースを読み込んだ場合、FX ユニット 1のチャンネル・アサイン先をデッキ 1、デッキ 2に、FX ユニット 2のチャンネル・アサイン先をデッキ 2に設定すれば、ドラム、ベースにはエフェクトが適用されずに、シーケンス・フレーズにはPhaser、ボーカル・フレーズにはPhaser、Reverbをかけることができます。

このようにチャンネル・アサインを用いれば、各デッキや全体に自由にエフェクトをアサインすることが可能です!

⑥ ビートマルチプライヤー

これは、エフェクトのかかり具合と密接に関係します。Phaserを例にすると、音のうねり具合が楽曲のテンポに合っていると気持ちいいですよね。このビートマルチプライヤーでは、エフェクト効果のテンポ感を調整します。文章だけでは、なかなか伝わりづらい部分がありますので、こちらは動画を用意しました。ご覧ください。

それでは最後に、マルチ FX モードを使用して、3つのエフェクトをかけてみます。シングル FX モードでは絶対に得られない音色の変化に注目してください。

FREE 14DAY TRIAL Serato DJ 1.2

Serato DJ 14日間のフリートライアル

Serato DJ 1.2のアップデート内容で、マルチ FX モードとは別にもう1つ大きなアップデートがあります。それは、Serato DJに対応しているコントローラをお持ちであれば、Serato DJを14日間無償でお試しいただくことができます!

「Serato DJ Introを使っているけど、やっぱりSerato DJが使いたい!」と思っている方は、数多くいるはず!少しでもSerato DJに興味がある方は、Serato DJの14日間のフリートライアルをお試しください。

対応機種の詳細とFREE 14DAY TRIAL Serato DJ 1.2  ダウンロードは、以下URLをそれぞれご参照ください。

上記のURLをクリックし、Seratoのウェブページが表示されたら、左下にあるFREE 14 DAY TRIALをクリックします。

Seratoウェブページ

ページが切り替わりましたら、Download Serato DJ 1.2 for xxxをクリックし、Serato DJ 1.2のダウンロード/インストールを実行してください。(xxxには、ご使用のコンピュータのOSが表示されます)

Serato DJ 1.2のダウンロード/インストールサイト

インストールが完了したら、Serato DJ 1.2を起動し、START TRIALをクリックします。

   START TRIALクリック画面

その後、Seratoアカウントに登録しているEメール・アドレス、パスワードをご入力いただき、ご使用のDJコントローラを選択し、以下の画面が表示されたらアクティベート完了です。
Serato DJを思う存分、お楽しみください。

  アクティベート完了画面

と、ここまでSerato DJ1.2のアップデート内容を駆け足でご紹介いたしました。
今回ご案内した内容以外にも、バグの修正といったソフトウェアとしての安定度も強化されています。
未だアップデートを行っていない方は、Serato DJ 1.2にアップデートを行い、最高の状態でDJプレイをお楽しみください。

投稿者:うえだ

うえだ

カスタマーサポート担当。
丁寧かつ迅速なサポートを心がけています。
弊社取り扱い製品についてお困りの際はお気軽にご連絡ください。

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ