Corona

AU/VSTに対応した「バーチャルアナログ」+「ウェーブ・シンセサイザー」

Coronaは、Audio UnitsとVSTに対応した「バーチャルアナログ」+「ウェーブ・シンセサイザー」です。

3つのバーチャルアナログ・オシレーターに加え、ARP 2600、MS-20、MemorymoogやMinimoog、Oberheim、Prophet-5、Junoシリーズ、Waldorf Pulseなど、往年のビンテージシンセサイザーのウェーブフォームを多数搭載し、使い勝手のよいユーザーインターフェイスで、幅広い音作りが可能です。

デモ版ダウンロード

デモ版はお客様の環境にて製品をお試しいただくもので、インストール及び操作方法などのご質問はお受けできません。お客様の自己責任のもとご利用いただく形となりますので、予めご了承ください。

Corona R5 — Walkthrough

Corona R4 — Using WAV files as Oscillator

Corona R1 — Inside Out by Brandon Peoples

Corona controlling Moog Animoog

製品詳細

マルチサイズGUI

Coronaのグラフィックは、4つのウィンドウサイズ(75、100、150、200%)に設定できます。

ユニークなオシレーター・モード

オシレーターは、演算子(ANDやORなど)を使って結合できます。12の「フェーズ・モード」や以下を含む16の「デチューン・モード」があります。

独自のSF2/WAVオシレーター

SoundFont 2ファイル、またはWavファイルを、特定のフォルダにコピーするだけで、それらのファイルをオシレーターとして使用することができます。

多彩なアルペジエーター

Coronaには、32ステップ、テンポ同期、スウィング、3トリガー・タイプ、10モードを搭載した、多彩なアルペジエーターが装備されます。

高品位なフィルター機能

14の異なるフィルター・タイプ、および2ポールと4ポールを選択でき、遅延のないフィードバックを実現しています。

パワフルなユニゾン

スーパー7ユニゾンは、SAW、パラボリック、スクウェア、トラインアングル、サイン波を重ねて、重厚でクラシカルなスーパーSAWサウンドを再生可能です。

数百ものウェーブフォーム

Coronaには、古典的なノコギリ波、三角波、矩形波、サイン波やノイズなどから、往年のビンテージシンセの独特のウェーブフォームまで、300MBを越える高品位マルチレイヤーのウェーブフォームが含まれています。

フレキシブルなエンベロープ

最大6つの異なるエンベロープ・カーブで多彩な音作りが可能です。

自由度の高いモジュレーション・マトリクス

モジュレーションの対象とソースを、最大8つの組み合わせが可能なモジュレーション・マトリクスを搭載。自由度の高いモジュレーションを実現しました。

  • done バーチャルアナログ + ウェーブ・シンセサイザー
  • done Audio Units / VST2、32 / 64bit対応
  • done 3バーチャルアナログ・オシレーター&ウェーブ / SF2 オシレーター
  • done Roland® JP8080モデリング・スーパー7ユニゾン
  • done 16オシレーター・コンバイン・モード
  • done 32ステップ・アルペジエーター
  • done デュアル・ゼロディレイ・フィードバック・フィルター
  • done 8種類の対象を持つマトリックス・モジュレーション
  • done 4LFO
  • done 4ADSRエンベロープ
  • done ディストーション / コーラス / ディレイ / リミッター・エフェクト
  • done MIDI出力可能

デモソング

Solarscape:

Mulperi Demo:

Zero-Delay Filters:

CFA Ghost’n’Phases:

Nike Pogoda Dreams:

ErikD Demo:

Jeff Demo:

Daniel Butler Bank:

仕様

  • PC:Windows XP以上、VSTプラグイン(32 / 64ビット対応)
  • Mac:Mac OS X 10.6以上、AU / VSTプラグイン(32 / 64ビット対応)
価格 9,000円(税抜)
JANコード 4534217734008
内容物 ライセンスカード、インストールガイド

製品サポート