BITWIG STUDIO 2

音楽制作とパフォーマンス

従来のタイムライン・シーケンサーとノンリニアなクリップランチャーを統合することで、より直感的なワークフローを提供する新進気鋭のDAW「Bitwig Studio 2」。

ビジュアル・クロスフェードやマルチサンプル・エディタなどサンプラー機能の刷新、新しいデバイスの追加など、新機能満載でバージョン2.4にメジャーアップデートされました。

デモ版ダウンロード:ver2.4
(最終更新日:2018.9.13)

注意:
デモ版ではファイルの保存ができません。
デモ版はお客様の環境にて製品をお試しいただくもので、インストール及び操作方法などのご質問はお受けできません。お客様の自己責任のもとご利用いただく形となりますので、予めご了承ください。

Bitwig Studio 2.4

【イントロダクション】Bitwig Studio 2 by Falko Blocksieper

Bitwigのプロダクトスペシャリスト Falkoさんによる、Bitwig Studio2紹介ビデオ。

Announcing Bitwig Studio 2

Sound Content | Rare Organs and Keys

製品詳細

Bitwig Studio 2.4 には新たな機能やアップデートが追加されています。

Samplerを刷新

Samplerは、モジュレーターと連携し、サンプルの開始点とループ点を移動させることでユニークなサウンドを生成可能。また複数のゾーンを簡単に編集可能なマルチサンプル・エディターも改良され、双方向のピンポン・ループやゼロクロスのスナップなど、現代の音楽制作に柔軟に対応し、サウンドデザインの新たな可能性を提供します。

プログラム全体のMIDIチャンネルの取り扱い

入力されるMIDIチャンネルは保存され、編集モードは階層化され、色分けなど直感的な表示/編集が可能になりました。それに伴い、新しいChannel FilterChannel MapでMIDIチャンネルをダイナミックにコントロールすることができます。

新しいモジュレーター「ParSeq-8」

「ParSeq-8」は、ユニークなパラメーメータ変調シーケンサーです。プロジェクトのクロックを使用したり、ノート入力を進めたり、どちらの方向にも自由に動くことが可能。それが進むにつれて各ステップのターゲットが変調されます。

新しいモジュレーター「Note Counter」

「Note Counter」を使用して、それぞれ新しいノートを受けるたびに、モジュレーション・パターンを生成します。

  • done Windows、MacOS、およびLinux用のプロフェッショナル・デジタルオーディオワークステーション
  • done サウンドデザイン、レコーディング、ライブパフォーマンスのための超高速ワークフロー
  • done 80以上のインストゥルメントとエフェクトを含むコンプリート・パッケージ
  • done Bitwigとコラボレーション・パートナーから、10GBを超える世界最高レベルのサウンドコンテンツを入手可能
  • done 外部MIDI機器をはじめ、ES-8 Btiwig Editionなどを使用してCV/ゲート・デバイスを統合し、双方向に連携可能
  • done 8種類のタイムストレッチ・アルゴリズムを搭載し、プロジェクトのテンポに関係なくオーディオ素材のテンポを保つことが可能
  • done リモートコントロール、ダイナミック・ディスプレイ、スペクトラム・アナライザーなど多くのデバイスをアップデート
  • done VST 3対応、32/64bit ブリッジとプラグイン・クラッシュ・プロテクションを搭載
  • done 様々なスタイルにもマッチする柔軟なユーザーインターフェイス
  • done 複数のプロジェクトを同時に開き、それらの間でドラッグ&ドロップが可能なオープン・マルチプロジェクト機能
  • done クリップ内で非破壊編集可能なディテール・エディター
  • done タイムライン上で柔軟に編集可能なオーディオクリップのフェードとクロスフェード
  • done マルチディスプレイをサポート、最大3台のディスプレイが可能
  • done 自由度の高い創造性のための独特で柔軟なモジュレーション・システム
  • done ドラムマシンやサンプラーでの使用を想定したオートマチック・スライス機能
  • done トラックのオートメーションに加えて、クリップ内のオートメーションを記録可能
  • done Ableton Link対応
  • done 対応オーディオファイル:WAV、AIFF、MP3、AAC、WMA、FLAC、Ogg Vorbis

仕様

バージョン2.4システム要件

Mac

  • OS:macOS 10.11(El Capitan)以降
  • CPU:64bit Intel CPU
  • RAM:4GB以上
  • ディスク空き容量:9GB以上の空きスペース
  • 画面解像度:1280 x 768 以上
  • インターネット環境:製品のインストール、アクティベーションに必須

Windows

  • OS:Windows 7 64bit 以降
  • CPU:デュアルコアCPU
  • RAM:4GB以上
  • ディスク空き容量:9GB以上の空きスペース
  • 画面解像度:1280 x 768 以上
  • インターネット環境:製品のインストール、アクティベーションに必須
価格 46,250円(税抜)
内容物 ライセンスカード、ステッカー、クイックスタートガイド
備考

※ 最新のシステムを推奨しますが、最新OS への対応状況(OSのメジャーバージョンアップ時など)についてはサポートページにて情報を随時公開しますので、そちらをご確認ください。
※ Bitwig Studio をインストール後、正常な状態で利用するには、インターネットアクセスによるアクティベーションが必要となります。
※ Linux版は弊社テニクカルサポートの対象外となり、Bitwig本社での英語対応のみサポートの対応となります。

ダウンロード

チュートリアル

チュートリアル 2018年10月5日

【BITWIG 1DEVICE/1WEEK】SAMPLER vol.1

Bitwig Studio 2のデバイスを紹介!2.4のSAMPLERが複雑すぎるのでまずはおさらい! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル

Bitwig でいこう! vol.13

Bitwigを中心とした音楽制作に関するチュートリアル連載!今回は「2.4の新機能を試してみる:の前にサンプラーのおさら ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2018年9月28日

【BITWIG 1DEVICE/1WEEK】2.4のポイント3つご紹介!

何事もヒントって本当に便利ですよね。 ヒントを提示できる人でありたいなあ。 というわけで2.4にはそんな便利な機能があり ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2018年9月21日

【BITWIG 1DEVICE/1WEEK】MODULATORS について

Bitwig Studio 2のデバイスを紹介? 今回はデバイスをいろいろ補助してくれるやつら!MODULATORS!! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル

Bitwig でいこう! vol.12

Bitwigを中心とした音楽制作に関するチュートリアル連載!今回は「Bitwig Studio 2.4の新機能」。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2018年9月14日

【BITWIG 1DEVICE/1WEEK】ライセンスの仕様について

Bitwig Studio 2のデバイスを紹介!!今回は番外編、「ライセンスの仕様について」!! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2018年9月7日

Bitwig でいこう! vol.11

Bitwigを中心とした音楽制作に関するチュートリアル連載!今回は「打ち込んだサウンドに変化を与えてみる」。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2018年8月24日

【Joué】エディターで設定しよう!

Dirigentの新製品Jouéについてご紹介いたします! エディターソフトで設定していきます! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル

Bitwig でいこう! vol.10

Bitwigを中心とした音楽制作に関するチュートリアル連載!今回は「ウィンドウの環境設定」について。 ≫ 詳しくはこちら