BITWIG STUDIO 2

音楽制作とパフォーマンス

従来のタイムライン・シーケンサーとノンリニアなクリップランチャーを統合することで、より直感的なワークフローを提供するBitwig Studio がより強力なデバイスや機能を追加して、待望のバージョンアップ。

デモ版ダウンロード:ver2.2.2
(最終更新日:2017.10.27)

注意:
デモ版ではファイルの保存ができません。
デモ版はお客様の環境にて製品をお試しいただくもので、インストール及び操作方法などのご質問はお受けできません。お客様の自己責任のもとご利用いただく形となりますので、予めご了承ください。

【イントロダクション】Bitwig Studio 2 by Falko Blocksieper

Bitwigのプロダクトスペシャリスト Falkoさんによる、Bitwig Studio2紹介ビデオ。

Announcing Bitwig Studio2

Announcing Bitwig Studio 2.2

Sound Content | Rare Organs and Keys

製品詳細

Bitwig Studio 2 には新たな機能やアップデートが追加されています。新たな機能はこちら!

Remote Controls

従来のナビゲーションだけでなく、ユーザー自身のよく使うコントロールをセットアップすることができます。(ノブ、ボタンなど)

新たなデバイス

全く新しい概念にて再構築されたモジュレーション・システムと25のモジュレーター。

DYNAMIC DISPLAYS

従来のデバイスを徹底的に見直して、いくつかのデバイスに"スペクトラム アナライザ"と"ダイナミック ディスプレイパネル"を追加しました。

柔軟なフェードコントロール

アレンジャー画面では柔軟にカーブが描けるフェードコントロールとクロスフェーダー、そしてオートフェードを新たに搭載。ミックス時に威力を発揮します。

VST3をサポート

VST3をサポートし、 "per-note expression" や "sample accurate automation" をプログラムに組み込みました。

SMART TOOLS

メニューアイコンがカスタマイズできる様になり、画面の省スペース化を図ることで作業効率も大幅にアップするでしょう。

DASHBOARD

Bitwig Studio 2を起動して一番最初に使う機能。プロジェクトファイルの設定や使用しているオーディオファイル等がDashboardで一元管理できるようになりました。

  • done 再構築されたモジュレーション・システムと25のモジューレーター
  • done リモートコントロール、ダイナミック・ディスプレイ、スペクトラム・アナライザーなど多くのデバイスをアップデート
  • done MIDI機器やCV搭載機器等の外部ハードウェアとの連携強化
  • done 柔軟なフェード処理:クリップ間のフェードやクロスフェード処理が可能に
  • done VST 3対応。32/64bit ブリッジとプラグイン・クラッシュ・プロテクションを搭載。
  • done クロスプラットフォームDAW(Windows, MacOS X , Linuxに対応)。
  • done リニアとノンリニアを共存した直感的な操作。
  • done マルチコア&マルチプロセッサーに対応。
  • done 70を超えるデバイス
  • done 2000を超えるライブラリ と 9GBのサウンドコンテンツ
  • done 独自のタイムストレッチ・テクノロジー
  • done マルチディスプレイをサポート。最大3台のディスプレイが可能。
  • done 統合されたモジュレーションシステム:LFOやエンベロープなどのデバイス・パラメータをマクロコントロールによって制御。
  • done ノートとオーディオで表現を豊かにする、パー・ノート・マイクロ・ピッチコントロールを搭載。
  • done ドラムマシンやサンプラーでの使用を想定したオートマチック・スライス機能。
  • done トラックのオートメーションに加えて、クリップ内のオートメーションを記録できる。
  • done マクロコントロール及びデバイス・パネル・マッピングにはノブとボタンの視認性に配慮した設計。
  • done オープン・コントローラAPI:所有するコントローラをJavaスクリプトAPIによってアサインすることもできます。
  • done 対応オーディオファイル WAV, AIFF, MP3, AAC, WMA, FLAC and Ogg Vorbis

仕様

Mac

  • OS:Mac OS X 10.9以降
  • CPU:64 bit Intel CPU
  • RAM:4GB以上
  • ディスク空き容量:9GB以上の空きスペース
  • 画面解像度:1280 x 768 以上
  • インターネット環境:製品のインストール、アクティベーションに必須

Windows

  • OS:Windows 7 64bit 以降
  • CPU:デュアルコアCPU
  • RAM:4GB以上
  • ディスク空き容量:9GB以上の空きスペース
  • 画面解像度:1280 x 768 以上
  • インターネット環境:製品のインストール、アクティベーションに必須
価格 46,250円(税抜)
内容物 ライセンスカード、ステッカー、クイックスタートガイド
備考

※ 最新のシステムを推奨しますが、最新OS への対応状況(OSのメジャーバージョンアップ時など)についてはサポートページにて情報を随時公開しますので、そちらをご確認ください。
※ Bitwig Studio をインストール後、正常な状態で利用するには、インターネットアクセスによるアクティベーションが必要となります。
※ Linux版は弊社テニクカルサポートの対象外となり、Bitwig本社での英語対応のみサポートの対応となります。

ダウンロード

チュートリアル

チュートリアル 2017年12月8日

Serato SAMPLEの使い方 番外編

約100万円もらえるかも!? ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年12月1日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.9

Serato SAMPLE1.1で追加されたCue Outputルーティングについて。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年11月24日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.8

Serato SAMPLEのキーボードモードについて。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年11月17日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.7

Serato SAMPLEをPUSH2で使用する準備をしましょう。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年11月13日

【基本用語】最適なバッファサイズって?

バッファサイズ、レイテンシー、サンプルレート・・・しっかりおさらいしましょう! ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年11月10日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.6

Serato SAMPLEをMASCHINEシリーズで使用する準備をしましょう。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年10月27日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.5

Bitwig Studio2での起動方法とMIDIコントローラで使用する準備をしましょう。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年10月20日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.4

Serato SAMPLE のチュートリアル連載4回目。サンプリングした素材に音階をつけて、表現の幅を広げましょう。 ≫ 詳しくはこちら

チュートリアル 2017年10月13日

Serato SAMPLEの使い方 Vol.3

Serato SAMPLE のチュートリアル連載3回目。何故音質がいいのか?そう。Seratoのあの技術です。 ≫ 詳しくはこちら