Top > イベント > Musikmesse 2014 現地レポ【3】

Musikmesse 2014 現地レポ【3】

Musikmesse 2014 現地レポ【3】

(2014/3/14)

すっかりドイツ料理フリークになりつつある、ディリゲント特派員が送るMusikmesseレポート三日目です。

πλ² (ピーエルスクエアド)ブース

まず最初は、MIDIキーボードがシンセに早変わり!と評判を頂いている「πλ² (ピーエルスクエアド)」。

もうすぐ発表になる新ファームウェアによって「ドラムサウンド」が奏でられる様になります。

ピーエルスクエアドブース

上の写真は開発者でもあるMarkusさん
新しいファームウェアとエディタの説明を丁寧に説明してくれました。

Studiologic:「Numa Organ2」&「Sledge」新機能

お次ぎはStudiologicへ。

新製品の「Numa Organ2」と「Sledge」の新機能についてGianniさんに説明いただきました。

Organ2は前モデルよりもスッキリとした印象で、余分な部分を削ぎ落して、「音だけにこだわる!」というコンセプトとのこと。発売が楽しみです。

そして、Sledgeは新ファームウェアで下記の点が追加されます。

  • 同時発音数:25音(現在は16音)
  • スプリット機能
  • レイヤー機能

さらにオプションとして「サンプルプレイヤー」機能を搭載することができます。
(ライセンスを購入する形となる様です。詳細は未定。)

実際にサンプルプレイヤーを使った部分の説明などはこちらをご参考。

エディタも新たに開発されたので、こちらも楽しみ♪

Sledgeエディタ

ArKaosの表彰式

最後にGrandVJやVideoMapperで御馴染みのArKaosブースへ。

Musikmesseと同時に開催されている、ProLight + Soundという業務機器系の照明やPAの方で展示されていて、新製品は特にありませんがGrand VJ + VideoMapperを使ってのプロジェクションマッピングをしていました。

arkaos pro

また、各国の代理店を集めての表彰式をブースで開催しまして、

表彰式では、昨年のArKaosセミナーでも講師を務めてくれたToonさんと、セールス責任者のAgnesさんがプレゼンターを務め、

プレゼンター

当社ディリゲントも下記を頂きました!

authorized distributor

以上!

今年は始まったばかりですが、今回発表になった新製品や新ソフトなどが非常に楽しみになって参りました〜♪

投稿者:たらま(記事一覧をみる

たらま

マーケティング担当。
音楽の”タノシイ”と”オモシロイ”ものを求めて、日々奮闘中。
仕事とプライベートの境が家族でもわからないと言われて、早10数年。

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ