Top > イベント > 自分のプレイリストをSerato.comに公開しよう!

自分のプレイリストをSerato.comに公開しよう!

Serato.comのサイトを見ていると、プロ・アマ問わず世界中のDJたちが、プレイリストをSerato.comのサイトに公開しています。
やはり、他のDJのプレイリストはとても気になるもの。これは、是非とも有効活用していただきたいサービスです。

また、他のDJのプレイリストを見ていると、自分のプレイリストを公開したくなりますよね!このプレイリストの公開方法、実はとても簡単です。

そこで今回は、Serato DJ Playlistsの活用方法をご紹介します。Serato ユーザーの方なら誰でも利用できるサービスなので、Serato DJ Playlistsで自身のプレイリストを強化しましょう!

Serato.comで世界中のDJのプレイリストを検索する

まずは、Serato.comで他のDJのプレイリストを検索してみましょう。

他のDJのプレイリストを検索

上記画像の“Featured Playlists from Serato DJs”をご覧ください。これは、SeratoがピックアップしているDJのプレイリストです。
Serato DJ Playlistsのいい点は、ミックス・クラウドなどのリンクを貼ることができるため、曲名だけに留まらず、自身のミックス音源を公開しているユーザーが多いところです。

自身のミックス音源を公開しているユーザー

プレイリストの内容を確認でき、実際のミックス音源を確認できるため、DJプレイの研究にはもってこいです。

次は、ジャンルごとにPlaylistsを検索してみましょう。
Browse by Genreをクリックしてください

Browse by Genre

上記画像のように16ものジャンルが表示され、自身のプレイスタイルに合ったプレイリストが、素早く検索できるようになっています。
思わぬ楽曲との出会いが待っていますので、是非使ってみてください。

Serato.comに自分のプレイリストを公開する

それでは、Serato.comに自分のプレイリストを公開する方法をご紹介します。

Serato.comへのプレイリストの公開は、Serato DJから行います。
まずはSerato DJのSETUP / Plugins / Serato Playlists / Enable Serato Playlistsにチェックを入れます。

Enable Serato Playlistsにチェック

次にSerato DJでHistoryボタンをクリックし、履歴パネルを開きます。Start Sessionをクリックし、新しいセッションが表示されたら、Serato DJでプレイしてください。プレイが終了したら、End Sessionをクリックします。
そうすると、日付の名称で1つのセッションが完成します。

日付の名称で1つのセッションが完成

ちなみに、Start Session、End Sessionをクリックせずとも、Serato DJを起動してから終了するまでにSerato DJでプレイした楽曲たちは、1つのセッションとして自動保存されています。
お気に入りのセッションがあれば、Crateとして保存も可能です。詳細は、Serato DJ IntroとSerato DJの違い(後編)をご参照ください。

Serato DJ Playlistsの話に戻ります。Serato DJ Playlistsに公開したいセッションを選択し、Formatのドロップダウンボックスから、Serato Playlistsを選択し、Exportボタンをクリックします。

Exportボタンをクリック

すると、上記のようなメッセージが表示されます。Yesを選択すると、以下の画面が表示されます。

※ Serato.comにログインを行っていない場合は、メールアドレスとパスワードを入力し、Serato.comにログインを行い、もう一度Serato DJのExportボタンをクリックしてください。

img_d-fun3_07.jpg

Continueをクリックし、以下の画面が表示されたらプレイリストのアップロードは完了です。

プレイリストのアップロードは完了

しかしこのままでは、せっかくアップロードしたプレイリストも、アップロード者自身とSerato社にしか閲覧できないようになっています。
そこで、プレイリストの詳細を編集しましょう!Edit Detailsをクリックしてください。

Seratoプレイリストの編集

img_d-fun3_10.jpg

プレイリストの編集画面が表示されます。ここで重要になってくるのが、PrivacyとGenresです。

まずは、Privacyの説明から行います。デフォルトはPrivate(プレイリストを非公開)の設定ですが、プレイリストを公開する場合はPublicに設定します。
また、自身のプレイリストページのトップに表示させたい場合は、Featuredにチェックを入れます。

続いてGenresについてですが、プレイリストの内容に応じて、Serato Playlistsが自動的にプレイリストのジャンルの候補を表示しています。ジャンルとして設定したい場合は、表示されているジャンルをクリックしてください。
また、表示されている以外のジャンルを設定したい場合は、Add new Genreのテキスト欄にジャンルを入力後、Addボタンをクリックします。

次に、プレイリストの編集画面の後半部分をみてみます。
ここで重要なのが、Listen Linkです。

Listen Link

冒頭で少しご紹介した、Serato Playlistにミックス・クラウドなどのリンクを貼るには、このListen LinkにURLをコピーしてください。
そうすることで、より多くのDJに、自身のミックスを聴いてもらうチャンスが増えます。

全ての編集が完了したら、Save Changesをクリックしてください。以上で、Serato Playlistにプレイリストを公開する手順は終了です。

このように、Serato Playlistへ自身のプレイリストを公開する方法は、とても簡単です。
Serato Playlistを利用することにより、世界中のSeratoユーザーに自身のプレイをアピールできる絶好の環境も作れます。
この便利なサービス、是非みなさん活用してください。