Top > イベント > 【初心者必見】アナクロ母さんとDJで遊ぼう♪番外編

【初心者必見】アナクロ母さんとDJで遊ぼう♪番外編

【初心者必見】アナクロ母さんとDJで遊ぼう♪番外編

こんにちは。「はぐれデジタル道」のWeb Yです。

子供の宿題の計算プリントの裏にDJのイラストを描いたら、意外にも子供たちにウケ、担任の先生にも花マルをいただき、すっかり春気分な今日この頃。

web y 写真

実は、Web Y、「DJ 穀潰し」として、先日DJデビューいたしました!
奮闘記は次回連載にてお届けいたします。

さて、3月9日に行われた「Reloop Night Beyond vol.0」にご参加いただいた、A5さん、BARRYさんのお二人に、インタビューを行いました。本番前にも関わらず和やかなお二人とのトークに、これから初DJをするWeb Yの緊張も解けました♪

突撃インタビュー:〜 Reloop Night Beyond vol.0 〜

A5さん編

A5

使用Reloopコントローラ:BEATMIX
プレイジャンル:Dub Step
– 2013.3.9.sat「Reloop Night Beyond vol.0」

Web Y:どのようなきっかけでDJを始めましたか?

A5さん(以下、A5):もともと高校生の頃はバンドブームで、誰もがバンドをやっていたのですが、大学生になった頃、「DJの方がモテるらしい!」と聞きまして(笑)。90年代に入り、石野卓球さんなどを中心にテクノがはやり始め、ヨーロッパではレイヴパーティーが盛り上がっていて、「バンドをやっている場合じゃない! DJをやるべきだ〜!!」と(笑)

Web Y:初めて購入した機材を教えてください。

A5:実際に始めるまでは、紆余曲折ありまして・・・DJセットを買うのに時間がかかってしまって。社会人になってから、VestaxのバトルDJ用のターンテーブル(縦置き)を購入しました。ミキサーもhiphop向けのフェーダーのやりやすいものを使ってましたね。

【3/9 – セットリスト】

  • Dooms Day / Nero
  • Bad-signal / Hadouken!
  • The Way You Make Me 
    / The Others
  • Still Getting It 
    / Foreign Beggars featuring Skrillex
  • Ohhh Nooo / Excision
  • MAKE IT BUN DEM 
    / Skrillex &Damian Jr Gong Marley
  • Woo Boost / Rusko
  • Burn / Modestep & Newham Generals
  • Pumped Up Kicks [genXocide Mix] 
    / Blackburner
  • Diablo 
    / Dub Elements Feat. Sinister Souls
  • Right In / Skrillex

Web Y:初めてplayした場所はどこでしたか?

A5:友達の結婚式ですね〜。

Web Y:選曲のこだわりはありますか?

A5:ジャンルのこだわりはありません。ただ、以前サンバチームのパーティーでDJをしたとき、ブラジルの人に怒られたんですよ。自分としてはダンスミュージックをかけているつもりが、ブラジルの人々にとっては、ガフィエラ(※1)やランバダなどのペアダンスが「ダンス」であって、そういうダンスを踊りたいと。「踊れない曲をかけるのはDJではない!」と怒られたんです。

そう言われてからは、その日のお客さんの好みに合わせて選曲するようにしています。どこの国の人かわからない場合は、だいたいの当たりをつけて、YouTubeで、その国の曲を探してかけてみたりしています。

Web Y:ありがとうございました。今日のプレイ、どんな曲でフロアを踊らせてくれるのか、楽しみにしています♪

(※1)

ブラジル生まれのサンバのペアダンス。ダンスホールで踊るサンバや、バンド演奏を入れたダンスホールその物を意味していて、ブラジルの老若男女に愛され続けている、大衆ダンス文化の大切な一つ。

BARRYさん編

BARRY

使用Reloopコントローラ:BEATMIX
プレイジャンル:Disco / House
– 2013.3.9.sat「Reloop Night Beyond vol.0」

Web Y:どのようなきっかけでDJを始めましたか?

BARRYさん(以下、BARRY):高校二年生のときに、MUROさんのクラブイベントに行き、DJの世界にはまりました。大学に入ってから本格的に始め、大学のストリートダンサー部のDJとして、サークルのイベントでプレイしたり、ダンスのためのミックスを作ったりしていましたね。

Web Y:ストリートダンスの曲としてミックスするときは、最初に振り付けがあって、その振り付けに合うように作っていくんですか?

BARRY:まずはじめにhiphop、Lock(※1)など、それぞれのダンスのジャンルのイメージに合わせてミックスし、その曲を基に振り付けが決まっていきます。あとはダンサーと細かく調整して作っていきます。

【3/9 – セットリスト】

  • If I Ever Feel Better / Phoenix
  • Pastime Paradise / Ray Barretto
  • Yah Mo B There / James Ingram
  • Everybody Come On / DJ Skribble
  • Addicted To Rock / DJLarryD
  • Dam Edit / Quincy Jones
  • Get Em Joe / Joe
  • The Mexican /  Jelly Bean
  • Rita / Jazztronik
  • Rock Steady / The Whispers
  • Soul Wanco / Candido

Web Y:初めて購入した機材を教えてください。

BARRY:Technics SL-1200シリーズのターンテーブルです。

Web Y:二児のパパでもあるBARRYさん。子育て真っ最中の今、どういうところでプレイしていますか?

BARRY:今はもうめっきり・・・結婚式の二次会で頼まれてやったりしています。

Web Y:家庭があるとなかなか続けられないのが実情ですよね。BARRYさんみたいにかっこいいパパDJがもっと活動できれば良いのに! 我が家にも子供が二人いますが、やはり自分の活動は後回し。旦那や奥様を納得させることができ、子供も巻き込んで楽しくDJを続けていける方法を提案して行くことが、ディリゲントの課題ですね!!

Web Y & BARRY:お互い頑張りましょう!!

(※1)

ロック(Lock)は1970年代に誕生したストリートダンスで、名前のロック (Lock)とは錠を意味し、激しい動きから突然静止しポーズを取る(ロックする)スタイルが特徴。

DJを始めるきっかけは、十人十色。初心者DJとして、これからも色々なジャンルのDJの方にお話を聞き、みなさまにお伝えできればと思っております。

次回も、お楽しみに〜♪

投稿者:Web Y

関連する記事をもっと読む

関連製品情報ページ