Top > イベント > Serato DJ Introでレコーディングをするには?

Serato DJ Introでレコーディングをするには?

Serato DJ Introでレコーディングをするには?

前回「TERMINAL MIX 4でお手軽ネットDJ」の設定方法をご紹介しましたが、同じ設定を使って、なんとDJプレイのレコーディングができます!

GrageBandでレコーディング

TERMINAL MIX 4 付属のVirtual DJ LEにはレコーディング機能が付いているので問題ないのですが、Serato DJ Introにはレコーディング機能が付いていません。DJ Introでのプレイを録音するソフトとして、今回はMacintoshにプリインストールされている「GrageBand」を使用した方法をご紹介したいと思います。

TERMINAL MIX 4 側の設定は「TERMINAL MIX 4 でお手軽ネットDJ」をご参照ください。

簡単!録音準備

GrageBandの設定

オーディオ設定

▶ オーディオ設定

1. GrageBandの環境設定でオーディオの入力をTERMINAL MIX 4 に設定します。このときGrageBandの入力音をモニタするため出力は内蔵出力のままにします。

リアル音源

▶ リアル音源

2. メニューのトラックから新規トラックを選択し、リアル音源のトラックを追加します。

トラック設定

▶ トラック設定

3. 音声が入力されているかを確認するため、モニタをオンにします。

コントロールメニューの内 メトロノーム

▶ メトロノームOFF

初期設定ですと録音の際にメトロノーム音が出ますので、これをOFFにします。コントロールメニューの中のメトロノームのチェックをクリックするとOFFにできます。

これでGrageBandの設定は完了です。

レコーディング開始

あとは録音ボタンを押してレコーディング開始です。

録音ボタン

録音ができることで、自分のDJプレイを後から聞いて練習に役立てたり、オリジナルのMIXを音源にすることができますね。

レコーディング機能が内蔵しているソフト(Serato DJ [ 2012年12月対応予定 ] やTRAKTOR PRO 2)であれば設定を変えることなくレコーディングできますので、レコーディングを多用される方はソフトの導入も検討されてみてはいかがでしょうか?


投稿者:Sales T